誰でも利用料金が無料なGoogleMapsAPI

GoogleMapsAPIに登録して地図を利用する

GoogleMapsAPIとは誰でも無料で利用できる地図サービスです。
コードをホームページのHTMLファイルに記載するだけで好きな場所に表示できます。

GoogleMapsAPIが登場する以前は有料の地図サービス提供会社を利用するのが一般的でした。
GoogleMapsにも関連するAPIを利用した企業向けの有料サービスを行っている会社が存在します。


しかし基本的に無料サービスだけでもホームページの機能性を向上させるのに十分な機能があります。表示できる地図は日本国内だけでなく、世界中のあらゆる地域を含んでいます。

GoogleMapsPlatformに関するアドバイスです。

有料の地図サービス会社を利用する場合には、高額な利用料が必要でした。
また地図はサービス提供会社のホームページとリンクされていたり、予め形式が決められているのが一般的です。

GoogleMapsAPIを利用すればホームページ上の好きな場所に地図を表示できるだけでなく、スタイルシートで形状を変更することもできます。

実際に地図を導入する方法は非常に簡単です。


GoogleMapsAPIのサイトにアクセスしてAPIキーの登録を行います。


その後公開されているコードをコピーしてHTMLファイルに貼り付けます。



以前は登録なしで利用可能でしたが、現在は必ず登録が求められます。

APIキーの登録とコードの貼り付けだけで地図を導入できます。

さらにコードにidタグを使用すればスタイルシートで幅や高さなどを自由に変更可能です。



  • GoogleMapsPlatformの身に付けたい知識

    • 従来、GoogleMapsAPIを使用してアプリケーションや地図コンテンツを作成するには、ライブラリの呼び出しだけで使えましたが、現在では登録を行う必要があります。公式ページにアクセスしますと、キーの取得ページがありますので、ここでキーを取得する手続きを行います。...

      detail
  • GoogleMapsPlatformの注目情報

    • GoogleMapsAPIは企業・個人を問わず誰でも料金が無料で利用できる地図サービスです。ホームページのHTMLファイルに公開されているコードを記載し、好きな場所に表示させることができます。...

      detail
  • GoogleMapsPlatformの特徴

    • GoogleMapsAPIは誰でも無料でホームページに地図を表示できるサービスです。APIとはアプリケーションプログラミングインタフェースを省略したもので、ソフトウェアの機能の一部を共有することを意味します。...

      detail
  • GoogleMapsPlatformのわかりやすい情報

    • ホームページに地図を導入する場合に、以前は有料の地図サービス提供会社を利用するのが一般的でした。有料サービスでは毎月10万円以上の利用料金を支払う必要があります。...

      detail